年表

1983年 東京大学宇宙線研究所 神岡地下観測所 設立
1983年7月 カミオカンデ実験 観測開始
1985年 カミオカンデ実験 陽子崩壊探索の結果、最も単純な大統一理論の否定
1987年2月 カミオカンデ実験 大マゼラン星雲で起きた超新星爆発ニュートリノの観測に成功
1988年 カミオカンデ実験 太陽からのニュートリノ欠損の観測
1991年12月 スーパーカミオカンデ(SK)建設開始
1994年1月 計算機棟完成
1994年6月 SK実験のための空洞掘削が完了
1995年4月 東京大学宇宙線研究所付属施設として神岡宇宙素粒子研究施設新設
1996年4月 SK実験観測開始
1998年6月 SK実験 大気ニュートリノ振動の発見
1999年6月 長基線ニュートリノ振動実験 K2K実験開始
2001年6月 SK実験 太陽ニュートリノ振動の発見
2001年7月 SK実験 故障した光電子増倍管の交換作業開始
2001年11月 光電子増倍管の交換作業終了後、注水中に光電子増倍管の約半数が破損する事故が発生
2002年12月 カミオカンデ実験における超新星ニュートリノの観測により、小柴昌俊東京大学名誉教授がノーベル物理学賞受賞
2002年12月 SK実験 約半数の光電子増倍管で観測を再開
2004年6月 K2K実験でニュートリノ振動の確立
2004年11月 K2K実験終了
2005年10月 SK実験 光電子増倍管を元の数に戻す、完全再建作業開始
2006年7月 SK実験 すべての光電子増倍管で観測再開
2008年10月 XMASS実験 水タンク遮蔽体建設開始
2008年9月 SK実験 データ収集システムを一新
2009年4月 日本列島の東西を横断するT2K実験がスタート
2010年10月 XMASS実験 運転開始
2011年3月 東日本大震災の影響により、T2K実験が一時停止
2011年6月 T2K実験において、世界で初めてミューニュートリノが電子ニュートリノに変化する兆候を捉えた
2012年7月 SK実験で観測された陽子崩壊の寿命が1034年を超えた
2013年7月 T2K実験において、電子ニュートリノ出現事象の観測と測定
2014年3月 SK実験にて太陽ニュートリノの昼夜強度変化の兆候をとらえた
2015年11月 鈴木洋一郎教授、梶田隆章教授およびSK共同研究者グループ、西川公一郎教授およびK2K,T2K実験共同研究者グループが 基礎物理学ブレークスルー賞を受賞
2015年12月 SK実験における、ニュートリノ質量の存在を示すニュートリノ振動の発見により、東京大学宇宙線研究所梶田隆章教授がノーベル物理学賞を受賞
2016年7月 T2K実験 ニュートリノの「CP対称性の破れ」について最初の結果を発表した

〒506-1205 岐阜県飛騨市神岡町東茂住456

0578-85-2116(代表), 0578-85-9620(事務)

0578-85-2121, 0578-85-9640