ひらめき☆ときめきサイエンス「地下で宇宙のささやきを聞く」

2017年4月26日

中高生のみなさん、ノーベル賞が生まれた研究の現場をのぞきに来ませんか?

2015年ノーベル物理学賞を受賞された東京大学宇宙線研究所梶田教授。そのニュートリノ研究の舞台となったスーパーカミオカンデ実験と、ダークマターの直接探索を目指すXMASS実験をご紹介します。

地下1000mにある実験エリアの見学や、霧箱という簡単な実験装置を自分で作り、見えない粒子を見る実習も行います。

研究者や大学院生と一日一緒に過ごす中で、ニュートリノやダークマターのこと、研究者の仕事や中高生の頃の話など、いろいろ聞いてみよう!

この企画は、日本学術振興会の委託を受け実施されます。

日程・定員

2017年7月31日(月)中学生25名

2017年8月1日(火)高校生25名

  • 定員を超えた場合は抽選を行います。
  • 多くの中高生に参加していただきたいため、保護者の方の付き添いは定員に空きがある場合のみとさせていただきます。

会場

東京大学宇宙線研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設

岐阜県飛騨市神岡町東茂住456

当日のスケジュール(予定)

9:00 受付 JR富山駅北口バスロータリー集合
貸切バスにて、神岡宇宙素粒子研究施設へ出発。
10:00 貸切バス、神岡宇宙素粒子研究施設 到着。現地集合の方、受付。
10:10~10:30 施設長よりあいさつ、科研費説明
10:30~10:50 スーパーカミオカンデ実験紹介ビデオ 上映
10:50~11:50 講義「スーパーカミオカンデ実験とXMASS実験について」(途中休憩10分)
11:50~12:50 研究者や大学院生と昼食
12:50~13:20 地下実験施設へバスで移動
13:20~14:00 スーパーカミオカンデ実験エリア 見学
※スーパーカミオカンデのタンクの内部は見ることはできません
14:00~14:20 駐車場まで坑内を徒歩で移動
14:20~14:50 研究棟へバスで移動
14:50~15:30 霧箱作成実習
15:30~16:10 おやつを食べながら質疑応答、懇談
16:10~16:30 修了式(アンケート記入、未来博士号授与)
16:30 終了、バス乗車
17:30 JR富山駅北口到着

持ち物

長袖、長ズボン(地下施設は夏でも14度くらいです。)、スニーカー(サンダルは不可)、筆記用具、ノート

特記事項

  • 地下施設立ち入りのために、保護者のサインが入った申請書を事前に提出していただきます。
  • 集合場所までの送迎は保護者が責任を持ってください。
  • 多くの中高生の方に参加していただきたいため、保護者の方の付き添いは定員に空きがある場合のみとさせていただきます。
  • 会場までの送迎バスは、途中JR猪谷駅にも立ち寄ることも可能です。
  • 会場現地集合、解散も可能です。

お申し込み

応募は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

締め切り:2017年7月10日(月)

定員を超えた場合は申込締切日後に抽選を行い、7月12日(水)までにメール(または郵便)にて全員にご連絡します。

お申し込みの際に記入されたメールアドレスの設定で、kouhou@km.icrr.u-tokyo.ac.jpからのメールを受け取れるようにしておいてください。

お問い合わせ

kouhou@km.icrr.u-tokyo.ac.jp

0578-85-9704

リンク

日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス

昨年の様子

ニュース

〒506-1205 岐阜県飛騨市神岡町東茂住456

0578-85-2116(代表), 0578-85-9620(事務)

0578-85-2121, 0578-85-9640